FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このブログは個人の感想を伝えています。

これからも、個人の感想として、又、世間で聞いた声は、誹謗中傷に気をつけて、強く皆様にお伝えしていきます。
あくまでも、個人の意見ですので、好きな物や嫌いな物は、はっきり述べていきます。
個人の意見として、良いと思う物を中心に伝えて行きますので、このブログを見て頂いている皆様も、メーカーさまも参考にして頂ければと思います。

あくまでも、個人の意見です。

スポンサーサイト
信頼ある仲間が、横浜キルトウィークに出展します。
夢を与えるソフトも発表
ベルニナは、7シリーズの発表と同時に、クリスタルシートをデザインするソフトとペインティングするソフトを同時に発表しました。
クリスタルは、自分のデザインが簡単に出来て、石も4種類から選べて、簡単に石も並べられるシートが出来るソフトと穴あけ。

ペインティングソフトも簡単にデザイン出来て、ペインティングとステッチの組合せなど、とても綺麗に出来ました。
ベルニナ7シリーズ
これが、7シリーズのサイズ
世界最高峰
第一日目、技術講習会が終了しました。
世界に2台しかないスケルトンを皆さんに、一足先にお見せします。
ベルニナ7シリーズ発表会
ベルニナ7シリーズ発表会で、世界に2台しかないスケルトン。
鍋つかみ
水野佳子先生のホームソーイングで鍋つかみを作りました。
バイヤステープをつけるのは、慣れが必要ですが、感覚は少し分かった感じです。
ベルニナを使っての講座だけど、押え金を使えばと思いましたが、まずは基礎なので直線で作る事で、先で押えの良さを伝えるようです。皆楽しくやりました。
横浜キルトウィークに仲間のミシン屋さんが出展されます。

11月8日~10日パシフィコ横浜 展示ホールA・B
ショップ名:「株式会社藤沢ミシン  &株式会社ミシンランドモギー」
3日間何れも、㈱藤沢ミシンの小野田常務が展示ブースでスタッフの方々も交代で、親切丁寧な説明を豊富な経験と技術で楽しく説明して下さいます。
㈱藤沢ミシンさん http://fujisawa-misin.com/ は、神奈川県内に4店舗(藤沢本店、鎌倉店、平塚店、新店横浜西口店)修理専門の技術者、ソフトは専門分野のエキスパートの方が、それぞれいらっしゃいますので、安心してご相談できる
創業100年の伝統を持たれ、かつ、新しい事にも取り組まれているお店です。(小野田常務がミシン部門を引張られています)
6月には横浜西口店をオープンされ、昔横浜にお店が有ったらしく、自社ビルの2階に素敵にオープンされました。
横浜店は、ミシンメーカーと協力をして、講習会も頻繁にされています。
一度、お店を訪問してみて下さい。布も沢山有りますよ。
それから、藤沢駅徒歩2分の商店街?の本店も今月、リユーアルされて、外観からは、ミシン屋さんではなく、どこか西洋の佇まいをしていて、中には、写真を撮る通行人の方もおられますよ。
㈱藤沢ミシン&㈱ミシンランドモギーさんも、公益財団法人 日本手芸普及協会の賛助会員で、ミシンキルトの講座をされたりしていますので、今回の横浜キルトウィークでご相談をされても良いのではないでしょうか?
新しいミシンとの出会いが有るかも知れません。
日の出
今日から、いよいよミシンを使う水野佳子先生のホームソーイングです。
ミシンキルトは、テクニック的に学ぶ事は少ないけど、ホームソーイングは、新たなチャレンジ。
ミシンの使い方をどう指導して頂けるか楽しみです。
でも、ミシンを売る立場なので、使う感覚を学びたいと思います。
作業部屋からの朝日です。
公益財団法人 日本手芸普及協会 第6次ミシンキルト講師養成講座
今日から、第6次ミシンキルト講師養成講座が、スタートしました。
東京26名、大阪10名、佐世保12名で、年々増えています。
パッチワークキルトは、手の良さと、ミシンの良さを合わせて、作れます。
新機種でリニューアル?
日本ヴォーグ社1階のキルターズギルドのミシンコーナに新しいミシンを展示しました。
JUKI FQ45、FQ65を追加しました。
写真を撮ったのですが、インターネットに載せてはいけないと、メーカーさんに言われてるので、私のブログに写真は載せません。
一度来て、皆さんでブログに載せて下さい。
いつの間にか
ドアを開けると、金木犀の秋を告げつ臭いがして、思わず庭の金木犀の写真を撮りました。香りはお伝え出来ませんが、写真で想像してください
伊藤みちよ先生の講習会終了
10名全員完成しました。
とっても暖かそうです。
発想は、見つける物
最近、ブログを前より更新しているが、何か自分でも面白くない。
つまり、書いてる自分がそう思うのだから、見ている人はそれ以上に面白くない。ブログ、Twitter、フェースブック、最近何れが何の役目をするかをつい考えてたら、テレビで発見。短な物が、とても便利で重宝。これだ、発想の転換だ、何時も自分で思っていても出来ていなかった。それと、ネットで情報を取る人にはそれなりの情報を考えるしか無い。
今日は、ヴォーグ学園で打合せ。
技術講習会終了
新機種を分解して、作りとか理論など良くわかりました。
機械は、国内では、やはり、ちゃんとBOX送りになっていて、一緒にソーイングプラザの下枝社長と納得しました。
技術講習会
今日は、JUKI本社でエクシードの技術講習を受けに行きます。糸通しや針棒、釜、糸切り、音の調整など、ベルニナ以外の修理の相談も多いので、ポイントを絞って、勉強して来ます。
これがメーカー指定オイル
全て、何処の部分にどのオイルを注油するかも、細かく指定されている所は、流石と思います。
但し、ちゃんとしているミシン屋さんがいるかは?です。
私は必ず、行っています。
やはり、元社員としては、全てのこのミシンは可愛い子供と一緒だからです。
オーバーホール中
今日は、押えを上げたり、ニーリフターを使った直後に糸が絡む、お客様の修理とオーバーホールをしてます。
原因は、上糸テンションの不具合か、埃が溜まったかと思いましたが、バラして分かったのは、押え上げレバーを下げた時に、連動している金具が、下がらず、上げた直後は、上糸テンションが開いたままで、糸調子が取れ無い事が分かり、部品の掃除と注油と調整をして、修理完了。後は内部の掃除と注油(メーカー指定)をしてオーバーホールは完了予定。最後にテスト縫いして、ミシンの音、縫いが良ければ全て完了になります。
ブログ投稿アプリ
裁ち目かがり押えも使い方次第
押え金も、使い方を知れば綺麗に縫えます。

ベルニナの押えも布と押さえの位置を間違えると綺麗に仕上がりません。
黄色い線の上は、正しい合わせ方(仕上がりも綺麗)
       下は、良くない合わせ方です(縫った所が吊ってます)
良~く見ると押えに小さな角のような金具が有ります。この金具の左に布を合わせれば綺麗に縫えますが、金具の右に布が出ると布を締めてしまいシワになります。

しかし、JUKIのエクシードF600に付属している、裁ち目かがりの押さえは、どなたでも綺麗に縫える工夫がされています。(;´Д`)スバラスィ

※ベルニナのNO.2の押え






※JUKIエクシードの押えは、布ガイドに合わせて行くだけで綺麗に縫えます




次回は、ファスナー付けをご紹介します。

11月からヴォーグ学園でスタートする、ベルニナマスターコースは、3回を2回で完結する内容です。10個から17個の予定で、もっと詳しく、押えと機能を使った、作つために必要な事を私の制作経験で講習を行います。

お問合せは、株式会社ヴォーグ学園 東京校 電話03-5261-5085まで。


Copyright © 2018 こんなこと、あんなこと、どんなこと?. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。